スマートフォン専用サイトはこちら

あなたはどこまで知っていますか?!ブラ検定でブラの基礎知識をチェック! 2.12 ブラの日 3.12 サイズの日 この機会に、ブラについて考えてみましょう。

ブラジャーは1914年2月12日に誕生しました!

「ブラの日」は、アメリカ人女性メアリー・フェルプス・ジェイコブ氏が、ブラジャーの原型となるものを考案し特許を申請した日(1914年2月12日)にちなんだ記念日とのこと。

"バストを覆う衣類の起源"は紀元前3000年中期にさかのぼるといわれ、当時はバストを覆うのではなく、乳房が垂れ下がらないようにアンダーバストを下から支えるベルト状のものであったと伝えられています。

 その後、バストを押さえつけ小さく見せ、身体の女性的特徴を隠すという禁欲的意味合いを持つ時代などを経て、1914年2月12日、アメリカのメアリー・フェルプス・ジェイコブ氏が「BRASSIERE(ブラジャー)」で特許を申請。 それまで肩ひもがないためズレ落ちたり、つけごこちが不安定だった「バスト・ガードル」と呼ばれていたものに肩ひもをつけ、定位置にぴったり安定するようになった現代のブラジャーの原型的なものとなりました。

3月12日は「サイズの日」!

3月は、新生活に向けて服や靴、インナーなどさまざまなものを買い替える時期。
サイズの大切さをより多くの人が知り、自分の体型にフィットするものを選んでもらうことを目的に、
3と12で「サ(3)イズ(12)」という語呂合わせから、3月12日を「サイズの日」と制定しました。

ブラ検定はこちら

  • 挑戦する

Q1 バストのかたちの変化には3つのステップがあります。いったん変化したバストは元には戻らない?

  • 戻らない
  • 戻る

戻らない バストのかたちは、加齢や揺れなどの日常生活のさまざまな刺激で変化していきます。変化の順序は3つのステップがあり、いったんステップが進み変化してしまったバストは、元には戻らないことが分かっています。

  • 次の問題へ進む

Q2 バストは鍛えることができる?

  • できる
  • できない

できない バストは「乳腺」「脂肪」と、それらをまとめるようにして支える靭帯などからできています。バストの中には「筋肉」はないので、運動などで鍛えることができないのです。

  • 次の問題へ進む

Q3 ブラジャーのサイズはカップサイズとトップバスト(※一番高い位置)のサイズで表示されている?

  • はい
  • いいえ

いいえ ブラジャーのサイズは、カップサイズとアンダーバストのサイズで表示しています。カップサイズは、アンダーバストとトップバストの差で設定しています。

  • 次の問題へ進む

Q4 ブラジャーを着けるときはからだを前に倒した姿勢になるのが正しい?

  • 正しい
  • 正しくない

正しい からだを前に倒し、ワイヤーとバージスライン(バストの底辺)を合わせて、その姿勢のままホックを留めるのが正しい着用方法です。

  • 次の問題へ進む

Q5 寝ているときも昼間と同じブラジャーを着けた方がよい

  • 着けた方がよい
  • 着けない方がよい

着けない方がよい リラックスして眠るためにも機能性の高いブラジャーを着けたまま眠ることはおすすめしていません。しかし、「バストが安定しないので落ち着かない」「バストの移動を気にせずにラクに眠りたい」という場合は、バストを安定させることで、よりリラックスして眠るために考案された「寝るとき専用のブラ」をおすすめしています。ウイングの「おやすみナイトブラ 」は、睡眠時のバストをここちよくサポートし、バストを適正な位置でラクに安定させるので、睡眠時のバストの不快感や不安感が少なくなり、ここちよい眠りに誘います。ブラ検定はこれで終了です!あなたは何問正解しましたか?これを機に、ご自分のブラも見直してみましょう!

合わせてチェック!この機会にブラを見直しませんか?

  • 試着室で出会う、理想のブラ

ブラコと一緒に、ブラのこと勉強しよう。 ※ワコールサイトへリンクします。

  • ブラのことを勉強しよう。ブラてびき
  • 自分のブラを見直そう。ブラチェック