スマートフォン専用サイトはこちら

2016.11.09

幸せって、
あたたかさで
できている♪

冬の心強いミカタ

“あったかインナー”

寒い季節、"ぬくもり"は私たちにほっこりとした幸せを届けてくれます。そこで心強いミカタになってくれる、あったかインナーの"からだを暖める工夫"についてご紹介します。

冷気を通しにくい
二枚仕立て

綿の贅沢

寒さ対策の基本は、"空気の層を身にまとう"こと。例えば、ざっくり編まれたニットは風が吹くと空気が通りぬけてしまうため、どんなに厚手であっても外では寒さを感じることがあります。

「綿の贅沢 ぬくもりの極み」は、身ごろ部分を二枚仕立てにしたインナー。細い糸で編まれた密度の高い生地の間で空気の層が生まれ、冷気を通しにくい構造に。

スビン綿

身生地部には、やわらかくしっとりなめらかな肌ざわりのスビン綿を使用。スビン綿の細い糸が空気をたっぷりと含み、自然な暖かさです。

綿の贅沢

「ムレネーゼ(もっとあったかタイプ)」は背中部分に集中保温機能が付いています。熱を感じやすい背中部分が二重構造になっていて、後ろネックを高めに設計しています。

ムレネーゼ

身生地部はあたたかくてムレにくいエアコン機能(※衣服内の快適性をコントロールする機能)で、室内外の寒暖差にも対応します。

ムレネーゼ

見て、触ってわかる
あたたかさ♪

ラクのびサーモ

「ラクのびサーモ」は、見るからにあたたかそうな裏起毛の綿混素材を使用。高密度で風を通しにくく、厚みのある生地でよく伸びます。ふんわりした肌ざわりでからだにほどよくフィットし、快適な着ごこちです。

ラクのびサーモ

着るとほっと

「着るとほっと」は、中わた(キルト)構造と吸湿発熱素材で熱をしっかりとため込んで保温。寒い季節は手放せなくなりそうな暖かさです。

キルト構造+吸湿発熱素材

肌側には、カラダの水分を利用して発熱する吸湿発熱素材を使用。中側はキルト構造でたくさんの空気を含み、暖かい空気の層を作ります。

着るとほっと

あったかインナーのぬくもりのヒミツが"空気の層"にあるなんて、ちょっと驚きですよね。ちなみに、今回紹介した4つのアイテムは、いずれもWingの素材あったか度レベル「5暖」です。
あったかインナーを冬のミカタにして、寒い季節もここちよく乗り切りましょう♪

気になった商品を探してみよう

長く愛され続ける人気ブラをご紹介

ロングセラーコレクション

お気に入りの一枚を見つけよう

下着を探す

店舗検索

WebStore

新着記事

公式ツイッターのご紹介

「ひみつのアトリエ」の最新記事をはじめとして、
Wingの新商品やモニタープレゼントなどのキャンペーンのご案内を発信しています。

PAGE TOP